ストレス解消は「お買い物」

カード 依存 やめる方法 節約

 

ありがちですが、ストレス発散方法が「買い物」です。
それも子どもの服に限られます。

 

「同じもの・似たようなものがあるから」と思いつつ、「かわいい!」「息子に似合うだろうな、これを着ているところを見たい!」と思うとついつい買ってします。

 

それも安いものならまだいいのかもしれませんが、「かわいいけどちょっと値がはるいい服」のブランドばっかりなのです。

 

それだけなら私もまだ落ち着けるのですが、そのブランドがテナントとして入っている百貨店のカードで払っているのです。

 

カードだと現金とちがって後日引き落とされます。

 

その影響で感覚が鈍っていて「ポイントが貯まるからいいよね」と思いながらカード払いでたくさん買ってしまいます。

 

またネット通販での支払いも、カードだと手数料がかからないので「便利!」と思って使ってしまいます。

 

なので請求額が決まってから確認するとすごく驚きます。

 

「こんなに買ったっけ?」「やばい、足りないかも……」と。

 

専業主婦で、主人にお小遣いをたくさんもらっていますが、それでも間に合わないときがあります。

 

どうにかカードでの買い物をやめたいのですが、特にネット通販だと手数料の面だけでなく、子どもを連れて買い物に行く手間も省けることを考えるとなかなかやめられません。

持たないが一番!

カード 依存 やめる方法 節約

 

以前試したのでよかったのが、「カードを主人に預ける」というものでした。

 

しかし提携の百貨店で買い物をする際は結局ポイントを貯めたいのでカードを出してもらっていました。

 

またよく使うネット通販だと、会員情報としてカードの登録がされているので、「自分で持っているよりはマシ」というくらいの効果でした。

 

なので、まずは提携の百貨店に行かない。
よく使うネット通販のカード情報を消去する

 

それを主人に確認してもらった上で、カードを主人に預ける。

 

「ポイントが貯まるから」「手数料がかからないから」「行く手間が省けるから」という、カードならではの利点をあえて無視して、どうしても必要であれば現金で買う。

 

現金も持ちすぎていては無駄遣いしてしまうので、お小遣いをもらったらまず預ける。
買い物などを行った際に、必要なだけ引き落とす。

 

カードもなく現金も余分になければ、無駄遣いは防げます。

 

あとは買い物以外でストレス発散方法を見つける。

 

まずは無駄遣いを減らすのが一番解決に近いので、カードと現金を持たないようにします。

こんな記事も合わせて読まれています!

更新履歴